名誉領事館からのお知らせ

カンボジアで歯科衛生活動に取り組む平山恵理子さん



福岡市で「恵理子デンタルクリニック」を開いている平山恵理子さん一行は、10月25日から29日までカンボジアのコンポンルアン水上村にある識字教室、CMCボップイ中学校、CMCコントラーイ夢小学校を訪問、184人の子どもたちに歯磨き指導と歯科検診を実施した。子どもたちの乳歯のむし歯罹患率は59%~86%と非常に高く、なかには歯が折れてしまっている子も多数見られた。子どもたちはなぜ痛むのか、なぜむし歯になるのかといった知識もなく、親にも歯に関する知識がない。歯がぼろぼろになるにつれ痛みはひどくなるが、神経が死んでしまうと痛みもなくなるため、そのまま放置している状態だ。

 乳歯に比べ、永久歯は予想外に健康な歯が多かったが、歯磨き習慣がないため、ほとんどの子どもたちは歯肉炎になっており放置すると歯周病になる。歯が抜け落ちたままの大人も見受けられた。

 今後の目標は、「永久歯のむし歯罹患率を低下させるため、毎日の歯磨きの習慣づけを指導したい。また子どもたちだけでなく親や大人への衛生指導も実施し、歯の健康を守ることが、身体の健康につながること知ってもらいたい」と抱負を語った。

在福岡カンボジア王国名誉領事館

  • 開館日 月曜日~金曜日
  • 閉館日 土曜、日曜、日本の祝日
  • 開館時間 9時半~17時半
    (※ビザの申請・発行は12時半まで)

年末年始、ゴールデンウィークなどの特別期間は、その都度お知らせします。

開館時間 9:30~12:30
問い合わせフォーム