カンボジア&九州ニュース

池内桃子さんの こんなとこだよ!カンボジア/読経の声に浸りながら

私の勤めるサーカス団「ファー」の会場内に新しいオフィスが完成しました。これに合わせて、「災難に見舞われることなく今後の仕事の成功やチームの活躍を祈願しよう」と、私たちスタッフは寺から僧侶を呼びお経を唱えてもらいました。

 サーカス団には60人ほどのスタッフが勤めており、公演の運営や接客を担当する会場責任チームと、営業、広報、会計などの企画・事務のチームに分かれています。後者は町なかにある別のオフィスへ毎日出勤しているため、夜のサーカス公演の時間帯に会場へ足を運ばない限り、現場のチームと顔を合わせることはほとんどありません。このような行事のあるときが、部署の区別なく皆で時間を過ごすチャンスです。

 仏事の際、カンボジア人は皆でお経を唱えます。途中、僧侶がお経の合間に「英語で歌うより簡単でしょう。さあ皆で一緒に」と冗談交じりに声を掛け、神妙な面持ちで正座している皆の雰囲気を和らげていてほほ笑ましかったです。

 私は手を合わせている間、サーカス団で過ごしたこの3年を振り返り、楽しかったことと苦労したことの両方があったからこそ今も私はここにいるのだろうなぁと、しばし物思いにふけりました。理解はできないけれども長くなった滞在の間で聞き慣れたお経に浸りながら、カンボジアで暮らすことになった巡り合わせを久しぶりに思い出す朝となりました。(シエムレアプ在住サーカス団職員)


写真:スタッフが集まりお経を唱えました

2016年8月1日 西日本新聞

在福岡カンボジア王国名誉領事館

  • 開館日 月曜日~金曜日
  • 閉館日 土曜、日曜、日本の祝日
  • 開館時間 9時半~17時半
    (※ビザの申請・発行は12時半まで)

年末年始、ゴールデンウィークなどの特別期間は、その都度お知らせします。

開館時間 9:30~12:30
問い合わせフォーム