カンボジア&九州ニュース

池内桃子さんの こんなとこだよ!カンボジア/小腹がすいたら「60号線」へ

日も傾き、仕事が一段落すると小腹がすいてきます。そんなときはカンボジア人の同僚を誘って、「60号線」へと繰り出します。夕方になるとバイクと人でぎゅうぎゅうになる屋台通りです。

 トラックの荷台にどっさり積まれた果物や、炭火で焼かれる香ばしい鶏肉、思わず目を留めてしまう昆虫の素揚げなど、いかにもカンボジアらしい食べ物が道の両脇で売られていて、ぶらぶら歩くだけでも楽しめます。まるで日本のお祭り屋台に来たような、懐かしい気分になります。

 屋台、と表現していますが、ほとんどの店が立派なテントを構えて30~40席ほどの小さなプラスチック椅子とテーブルを並べており客は注文したものをその場で食べることができます。

 この日のお目当ては「ソンバ」というカンボジア版魚肉ソーセージです。しょっぱいので、レタスやキュウリ、香草と一緒に食べます。もう一つ忘れてならないのは「ヌンバンチョック」というもっちり感がおいしい米の麺。好みの長さにしたものを、野菜でソンバと一緒に巻き、ほんのり甘いたれにつけていただきます。絶妙な味のバランスですし一口サイズなので、ぱくぱくと止まらなくなります。「手で食べるのがおいしいんだよ」という同僚にならい、私も手でちぎって巻いて。

 やはり地元のものはカンボジア人と食べるのが一番おいしく感じられます。仕事帰りのうまいもの探索はしばらく続きそうです。

(シエムレアプ在住サーカス団職員)


写真:焼き鳥に果物、たこ焼きそっくりの「ノムクルゥイ」…。60号線の屋台にはおいしいものがたくさん並んでいます

2016年8月22日 西日本新聞

在福岡カンボジア王国名誉領事館

  • 開館日 月曜日~金曜日
  • 閉館日 土曜、日曜、日本の祝日
  • 開館時間 9時半~17時半
    (※ビザの申請・発行は12時半まで)

年末年始、ゴールデンウィークなどの特別期間は、その都度お知らせします。

開館時間 9:30~12:30
問い合わせフォーム