私たちのカンボジア体験
投稿いただいた原稿のすべてが掲載される訳ではありません。
当コンテンツにふさわしい内容のものを掲載致します。
又、原稿も一部変更させて頂く事がございます

王立プノンペン大学の学生からお見舞いメッセージが届きました!

「カンボジアの子ども達の教育を支援する会」(本部・宗像市)は、王立プノンペン大学日本語学科の女子学生へ奨学金を支給したり、夏には彼女たちをホームステイで受け入れなどの支援活動をしています。


この度、東日本大震災で被災した日本のみなさんにお見舞いのメッセージと千羽鶴の写真を送ってくれましたので紹介します。


「日本のみなさんへ!私たち、カンボジアの王立プノンペン大学日本語学科の学生は、この度の大震災で亡くなられた方々が来世で平和に、楽しく暮らすことができるよう心から祈っております。また、被災されたみなさん方が一日も早く普通の生活に戻ることができるよう心から願っております。私たちは、日本の被災者のみなさん方のために、何かお手伝いしたいという思いをいっぱいもっています。でも、何もできないのがとても残念です。せめてもの気持ちを表すために1年生から4年生まで学科生全員で千羽鶴を折りました。」


なお、学生たちは学科内で募金を行い、87ドル(5月17日のレートで約7,300円)を集め、プノンペンの日本大使館に届けたそうです。


カンボジアの子ども達の教育を支援する会代表 横山 正幸


在福岡カンボジア王国名誉領事館

  • 開館日 月曜日~金曜日
  • 閉館日 土曜、日曜、日本の祝日
  • 開館時間 9時半~17時半
    (※ビザの申請・発行は12時半まで)

年末年始、ゴールデンウィークなどの特別期間は、その都度お知らせします。

開館時間 9:30~12:30
問い合わせフォーム